2011年09月09日

The MANZAI 2 あさのあつこ

The MANZAI 2 ということで。

2巻も、軽快なテンポで話は進む。でも、1巻であった「漫才」シーンはなく、少しづつ登場人物の状況がわかり始める。

不思議なことに、「バッテリー」であった張りつめた感じは少なく、どっちかというとほのぼのした感じが強い。たぶん主人公の周りの人物がそうさせていると思う。

特に森口が良い。なぜか、サザエさんの花沢さんを思い出した・・・

さて、本は順調に3巻に突入するでしょう。展開やいかに!!
posted by 灯台守 at 21:51| Comment(0) | 児童文学