2011年09月05日

空の中 有川浩

空の中 有川浩 角川文庫
国産の小型ジェット機と自衛隊F14が四国高知沖エリア2万メールにて、相次いで爆発。ほぼ同時期に、高知二淀川河口付近で、高校生が未知の生命体を拾う。この2つの出来事が、ひとつに収束する。人類の未知なる生物コンタクトのお話。

一昔前なら、SFとして分類するだろうが、今はクロスオーバーなもので、なんでもOKな時代。ラノベもSFも何でもありかも。そしてあとがきが新井素子ときたら、それだけで十分な世代ですので、まったくOK。

未知なる生物へのコンタクトよりも、親子関係に重点がおかれていることが、なかなか有川さんらしい。純なSF作家だったら、こうは面白くならなかっただろう。

それにしても、宮田じいちゃん カッコ良すぎ。(^^;
posted by 灯台守 at 20:57| Comment(0) | ヤングアダルト