2011年09月23日

花守の話 柏葉幸子

花守の話 柏葉幸子 安藤喜代子・絵 講談社
瞳子(とうこ)は5年生。春休みのある日、風邪で熱を出し寝込んでしまう。父さんも母さんも出張で瞳子をおいて家を離れなくてはならない。しかたなく普段は交流の無い母さんの母、つた子に瞳子の世話に来てもらうことにした。つた子は大学で民話の研究をしていたが、今は引退している。なかなか気難しく瞳子の母と祖母との交流は無く困った挙句の決断だったようだ。
つた子がきた後、急に電話がくる。大変なことが起こっているらしい。つた子は「逃げましょう」とホテルに移動することにするが、すでに家の前には古ぼけた4WDが止まっていた・・・

桜を守る花守。その花守を助けるつた子と瞳子の冒険談。単純な話だが、人物描写がうまく読んでいてイメージが膨らむ。頑固だが、優しい。しかし筋の通ったバイタリティのつた子。まだまだ5年生でフラフラしているところもあるが、祖母の血を継いでいることを感じさせる瞳子。

さすがおばあさんを描かせると天下一品の柏葉作品だけあって短い話でも十二分に楽しめる。

実は出版とほぼ同時に読んでいたが、7月に続編が登場し再読した次第。
posted by 灯台守 at 14:16| Comment(0) | 児童文学

2011年09月22日

海賊黒パンと ガース・ニクス

海賊黒パンと、プリンセスに魔女トロル、2ひきのエイリアンをめぐる冒険 ガース・ニクス 主婦の友社

ご存知ガース・ニクスの短編集。ターゲットの年齢は多少低目かもしれない。古王国やセブンタワーを想定して読むとずいぶんと違う雰囲気に戸惑うかもしれない。でも、ガース・ニクスらしい所が随所に現れる。

黒パンが武器だったり、エイリアンが養子探しに来たり、海へビを救うために画策したりと何かと忙しいが、なかなか想像豊かな世界に遊ぶことのできる楽しい話を見せてくれる。ニクスファンなら必須、従来の話のパターンに飽きた小学校中学年以上にもオススメしたい。
posted by 灯台守 at 22:38| Comment(0) | ファンタジー

2011年09月21日

赤い夢の迷宮 勇嶺薫

赤い夢の迷宮 勇嶺薫 講談社文庫
ノベルズミステリで出版されたものの文庫化作品。「勇嶺薫」は「はやみねかおる」の大人向け作品に使用する著作者名とのこと。

小学校時代の友人たちにOGから招待状がくる。小学校のときの夏休みに冒険した「お化け屋敷」に集まる彼と彼女たち。さて、物語はそこから始まる・・・

典型的な「嵐の山荘」ものミステリ。そこにちょっとした苦い味付けがされている。子供のころの思い出話が少しづつ現実と交錯し、事件は発生する。これは殺人鬼の仕業か?それとも、この中の誰か?

殺人鬼ものは綾辻行人氏の「殺人鬼」という名作があるので、比較はできないがこれはまた違う趣向のミステリー。というかホラーかもしれない。次回作の「勇嶺薫」名義の作品は、本格的な論理ミステリを書いてほしいと思う。
posted by 灯台守 at 21:15| Comment(0) | ミステリ

2011年09月20日

たぷたぷ だいあり 坂田靖子

たぷたぷ だいあり 坂田靖子 朝日新聞出版

マンガの分類になってはいるが、どっちかというとエッセイに入る内容。でもマンガ家さんなので、マンガという分類。だって、マンガということもできそうな体裁になっているので・・・。

書かれているネタは、いろいろあるけど「パバロッティねた」が個人的には好き。でも私は、パバロッティは聞かないですが。坂田さんの三大特徴「食べるのが好き・記憶がアバウト・暑さに弱い」について書かれていると、内容について帯には書かれていますが、あんまり気にする必要はありません。

なお今は絶版で入手は中古書店でどうぞ。
posted by 灯台守 at 21:48| Comment(0) | マンガ

2011年09月19日

フォームはトンボです

とりあえずのフォームは、トンボにしてみました。
次は紅葉の予定です。季節感は持っていたいものだと思うので、ちょっとだけこだわっています。
posted by 灯台守 at 18:14| Comment(0) | あれこれ

ぞくぞく村のかぼちゃ怪人 末吉暁子

ぞくぞく村のかぼちゃ怪人 末吉暁子・作 垂石眞子・絵 あかね書房

ひさかたぶりの新刊。約2年半ぶりかも。息子が小学校のとき熱心に読んでいたシリーズ。今回も真っ先に読み終えた。感想は「やっぱりオバタンが重要キャラだねぇ」とのこと。

小学校の時には、まるまる一時間以上かかって読んでいたのに、10分で読み終えるのは寂しいといっていた彼は、すでに高校二年生。まあ、そういうものよ。

ほうき星と、かぼちゃと、ハーメルンの笛吹を合体させたようなお話は、ぞくぞく村ならではという感じがしてほっこりあたたかい。村のメインキャラクター達も相変わらずの様子が垣間見れるのはシリーズものならではのお楽しみではある。

次はいつかなぁ・・・という感想は、高校二年になった息子を含めたファン全員の気持ちに違いない。
posted by 灯台守 at 18:02| Comment(0) | 児童文学

2011年09月18日

私家版魚類図譜 諸星大二郎

私家版魚類図譜 諸星大二郎 講談社

諸星大二郎の短編集。題名の通り、魚がテーマ。やっぱり諸星さんなので、かなり趣向はその方向。7編の収録。

深海人魚姫
鮫人
魚が来た!
魚の学校
魚の夢を見る男
深海に還る
ネタウナギ

爆発的に売れるマンガではないが、考えさせてくれるテーマの作品。この手の作品も、もっと書いてもらいたい。ただし出版社的にはツライと思われるが。
posted by 灯台守 at 20:55| Comment(0) | マンガ