2011年08月20日

リプレイ ケン・グリムウッド

リプレイ ケン・グリムウッド 新潮文庫
先般、古本屋の105円コーナーで発見。たしか我が家にも1冊あるが、なぜか購入。自炊用かも。それは別にしても、SFというかファンタジーというか、見事な作品。

ジェフ・ウィンストンは43歳のある日、妻と電話で話しているときに死んだ。それは確かなことだったが、彼が気がついたのは25年前の学生寮にいた・・・。

かなりインパクトのあるシーンから開始されるこの話は、単純なタイムスリップものの話かと思いきや、そうではなく、複雑な流れを呼び込んでいく。ネタバレになるので詳しくは語りたくないが、読んで損はない。

そうそう、書類を整理していたら佐藤さとるさんの「読書のすすめ」エッセイにも登場していた。たしか、鬼が島通信のオススメの一冊にも登場していた。SFやファンタジー好きな人には鉄板の一冊カモしれない。
posted by 灯台守 at 21:29| Comment(0) |