2011年08月18日

図書館戦争 有川浩

図書館戦争 有川浩 角川文庫
本来は、ハードカバーでメディア・ワークスから出ていたが、文庫で発刊された。コロボックルのこともあり、手を出すことに。

とにかくエンターテイメント。大人向けのライトノベルを書くと公言しているとおりの作品。2行のプロットままという所が良い。

設定の、状況がコロボックルを本歌取りしているように見えるが、意図的? この手の作は2作めかな?細かく見るとパラレルワールド設定に無理もあるが、それはそれで。主人公の友人・柴崎がお気に入り。たぶん、2巻に突入でしょう。

#感想になってないな。(^^;
posted by 灯台守 at 21:48| Comment(4) |