2011年08月04日

少し変わった子あります 森博嗣

少し変わった子あります 森博嗣 文芸春秋新書

どう分類するか、悩む本。大学教授が、毎回違う場所で、違う女性と料理を食べる話。その情景描写と若干の余談がすべて。やっぱりミステリなのか、ほかの分野なのか、読む人が決めてよい本だろう。

どちらかというと、「クラフト・エヴィング商會」が描く世界に近いかもしれない。もっとホラーに描けばホラーに、人間関係を描けば、恋愛小説や風俗小説になる可能性を秘めて、でも受け取る人が決定するミステリアスな小説になっている。

これもまた、読み手を選ぶ小説だろう。
posted by 灯台守 at 21:49| Comment(0) |