2011年07月11日

すごい本屋

すごい本屋 井原万見子 朝日新聞出版

和歌山の山間部にある「イハラ・ハートショップ」が、文字通り「すごい本屋」である。山間部にあり、都会の駅前にある人の出入りの絶えない本屋とは違うものをめざしている本屋の話。WEBがあるので、一度みてください。

http://www5.ocn.ne.jp/~i-heart/

あらためて、私たちが何を本屋に求めるのか、何を本屋が提供しているのか、あらためて読者に問いかける本だと思う。単に出版された本を右から左に渡すだけの本屋であれば悩むことはない。人の多いところで取次ぎのススメる本を並べておけば良い。しかし、本屋の本来の役割を考えれば、一歩進んだ考え方ができる。この本はそのことを、ゆったりと語ってくれる。

「あなたは、何を本屋に求めますか?」 その問いに真摯に答えたいと思わせる本だった。
posted by 灯台守 at 21:14| Comment(0) |