2011年06月13日

白い兎が逃げる

白い兎が逃げる 有栖川有栖・著 光文社・刊

ミステリ作家さんには、手持ちの探偵がいる。有栖川さんには、有名どころでいうと2人いるが、この本はその一方の火村教授である。なおワトソン役は双方とも有栖川有栖さん。

本作には、3篇の短編と1篇の中篇が入っている。ミステリなので、ほとんど紹介にならないのはご勘弁を。

火村教授シリーズは、大阪が舞台となっている。教授と、三流ではないが一流かどうかわからないミステリ作家の有栖川有栖との掛け合いも大阪弁。関西がいとおしくなる。なぜか懐かしい気がする。このコンビのオススメは「絶叫城殺人事件」というところですな。お後がよろしいようで。
posted by 灯台守 at 22:00| Comment(0) | ミステリ