2011年06月09日

県庁おもてなし課

県庁おもてなし課 有川浩・著 角川書店

一気に読み終えることができるいつもの有川書体は健在。今回も観光問題をメインに、やや抜け気味の男性としかっり者の女性という組み合わせで恋愛ストーリー部分は鉄板。と、思いきやプラスアルファもあって、サービス精神もあいかわず大盛りでした。

ただ、多紀ちゃんや、吉門さんのキャラが立っている割には主人公の掛水くんのキャラはよく解らない。最初は抜け気味な感触だが、最後は結構イケメンになっている感じ。その間の成長は、どうやって得たのか正直有川さんがうまいだけに、さーっと流れていった。

でも、これを読むと高知に行きたくなること請け合い。やっぱりカツオのたたきはうまいし、国道を走っていると斜め前方をパラグライダーが飛んでいると「おお!!」ってなる。(これ本当の体験談) 高知という観光地は魅力にあふれますなぁ。
posted by 灯台守 at 22:10| Comment(0) |