2011年06月17日

オドの魔法学校

オドの魔法学校 パトリシア・A・マキリップ・著 創元文庫

「妖女サイベルの呼び声」のパトリシア・A・マキリップの作品。ここ数年、いろいろと新作が出版されてうれしい悲鳴状態。簡単に読み進めないが、その分深い世界にいざなう文体は健在。

庭師のブレンダンのもとに、オドと名のる女巨人が訪れる。魔法学校の庭師になってほしいというオドの求めにしたがって、彼は都に出て行く。都では、王と顧問官たちは、歓楽街で興行する魔術師の噂に不安を抱く。魔法学校の教授は、へんな学生に困惑する。一方、王女は・・・。魔法学校の教師ヤール、王女スーリズ、魔術師ティラミンの娘ミストラル等々、さまざまな人々が錯綜する中、「真の魔法」に事件は収斂していく。

それぞれのキャラクタはそれぞれに淡々と書きこまれ深入りはされない。それがマキリップ流。でもその語るべきところは深く、一筋縄ではいかない。夜長の読書に最適な一冊。
posted by 灯台守 at 20:37| Comment(3) | ファンタジー

2011年06月16日

星の時計のLiddell

星の時計のLiddell 内田善美・著 集英社・刊
幽霊になった男の話。今から30年近い前の作品であるが、それ以降 このような主題の作品を見たことはない。

内田善美は「ぶ〜け」でのこの作品を最後に筆を折り、二度と表舞台に登場することはなかった。コミックスも絶版になり、今や古書店にプレミア付きで登場する程度である。 その主題はあくまで哲学的であり、その絵も他の追従を許さない独特な絵画のようであった。

今では古書でしか入手できないマンガを取り上げてもどうすることも出来ないが、内田善美は避けて通れないマンガ家であることは、私にとって事実のようである。
posted by 灯台守 at 22:48| Comment(0) | マンガ

2011年06月15日

土曜日は灰色の馬

土曜日は灰色の馬 恩田陸・著 晶文社・刊

三部構成のエッセイ集で、「面白い本はすべてエンタメ」、「少女漫画と成長してきた」、「暗がりにいる神様は見えない」の三章。

恩田陸と私の趣味は似通っている。このエッセイを読んで、さらにその感覚が強くなった。「詩とメルヘン」の愛読者だったこと。ミュージカル映画が好きという所。(ジーン・ケリーとフレッド・アステアの話が秀逸だった。)決定打は、少女マンガの最終章。内田善美の「星の時計のLiddell」で締めてあった。ああ、なかなかマニアックな視点!!

陸という名前もマンガが元ネタ。これまた、私の好きなマンガだったりするのであった。
posted by 灯台守 at 19:15| Comment(0) |

2011年06月14日

完全地上デジタル化まであと一月ちょっと。

2011年の7月24日があと少しに迫っている。ずっと先だと思っていたら、来月に迫っていた。今日は、息子の部屋と娘の部屋の地デジ化作業を実施。

息子の部屋には、地デジ対応の液晶ディスプレイがあるので、ケーブルをつなげるだけ。娘の部屋には彼女がかったアナログCRTがあるので、デジタルチューナーを購入。Amazonで4000円強。送料無料だった。あっさりつながって一安心。

しかし地デジのメリットを、ちゃんと伝えることのできる人は少ないかも。Dataボタンを押すだけでびっくりする人多数。ブツブツ地デジ関連あれこれでしたが、子供の対応で本が読めなかったいいわけでした。
posted by 灯台守 at 21:30| Comment(0) | あれこれ

2011年06月13日

白い兎が逃げる

白い兎が逃げる 有栖川有栖・著 光文社・刊

ミステリ作家さんには、手持ちの探偵がいる。有栖川さんには、有名どころでいうと2人いるが、この本はその一方の火村教授である。なおワトソン役は双方とも有栖川有栖さん。

本作には、3篇の短編と1篇の中篇が入っている。ミステリなので、ほとんど紹介にならないのはご勘弁を。

火村教授シリーズは、大阪が舞台となっている。教授と、三流ではないが一流かどうかわからないミステリ作家の有栖川有栖との掛け合いも大阪弁。関西がいとおしくなる。なぜか懐かしい気がする。このコンビのオススメは「絶叫城殺人事件」というところですな。お後がよろしいようで。
posted by 灯台守 at 22:00| Comment(0) | ミステリ

2011年06月12日

神の子どもたちはみな踊る

神の子どもたちはみな踊る 村上春樹・著 新潮文庫

基本的に村上春樹は本棚にない。図書館でも借りたことがない。「ノルウェーの森」は前後編 各105円で購入し、なかなかとは思ったが、その他の本には手を出すことはなかった。

で、この「神の子どもたちはみな踊る」である。サブタイトルが、"After the Quake"となっているように、阪神・淡路大震災の後を語る話である。だからこそ、今読む必要がありそうだと思ったので購入。それぞれの話は、ファンタジックなものもSF的なものもあるが、なにかしら残るものがある。かなりインパクトのある短編集だった。

ちょっと村上春樹も読まなくてはならないかも・・・と思った次第。
posted by 灯台守 at 18:26| Comment(0) |

2011年06月11日

今まで購入したPC その2

今まで購入したPC

PC98−BA:33MHz
PC98−NOTE:33MHz
EPSON−DT:75MHz
FM−V:66MHz
自作DT:233MHz
ThinkPad 210:128MHz
Let's Note :100MHz
SONY VAIO 505:
プレサリオ:COMPAQ:333MHz
自作DT:533MHz
GateWay:533MHz
SONY VAIO:800MHz
SONY VAIO:2.3GHz
Panasonic R3:

============
以上が、part 1である。2005年9月2日の日記。
その後、
NEC Lavie Lite (家内所有のネットブック)
SONY VAIO Vista 3.2GHz? 息子の専有状態
FM/V ネットブック(娘の大学進学祝い)
自作PC AMD Phenon-6core 3.2G? メモリ8GB

自作PCは、Windows7-64bit Proだったりする。

家族の使用用途はネットとiPodとの接続用だったりする。
結局のところ、お父さん?=iPod保守担当として活動中。(^^;
posted by 灯台守 at 19:58| Comment(0) | 情報機器