2011年06月23日

聖女の遺骨求む(後編)

聖女の遺骨求む 〜修道士カドフェル シリーズ〜 エリス・ピーターズ・著 光文社・刊

ウェールズ生まれのカドウェルは、聖ウィニフレッドの遺骨を持ち帰らんとするロバートの通訳として、聖女を埋葬したという地に向かう。あっさり遺骨をうけとれるかと思いきや、地元の地主リシャートの反対をうける。翌日、再度話し合いをすることにしたが、リシャートは殺されていた。これは聖女の怒りなのか?

評価の高い歴史ミステリだけあって、なかなか面白い。誤解を招く言い方だが、イギリス版捕物帳かも。

たぶん、この手のミステリは謎の面白さも重要だが、人物のよしあしで8割方決まると思う。12世紀の修道士が探偵役で、十字軍に参加し、人生の機微もわかるときたらこの時点でほとんど成功したようなものだったろう。同系列の作品には、エーコの「薔薇の名前」があるが、著者は比較されるのは心外だったらしい。

ミステリ好きであらたな書き手、シリーズを探索している人にはオススメしたい。
posted by 灯台守 at 21:46| Comment(0) | ミステリ

2011年06月22日

聖女の遺骨求む(前編)

聖女の遺骨求む 〜修道士カドフェル シリーズ〜 エリス・ピーターズ・著 光文社・刊

ミステリ通では有名なシリーズらしい。長年絶版と聞いていたが、古書店で発見。どうも光文社から再刊されたらしい。(らしい・・・が続く)

舞台は12世紀のイングランド。大修道院が舞台。本作が一作目だが、はじめから舞台がウェールズに飛ぶ。もともとウェールズは言語も違っていたなんて初耳!!。で、今日は前半のみ終了という珍しいパターンで明日に続く。(おやおや)
posted by 灯台守 at 22:28| Comment(0) | ミステリ

2011年06月21日

生活雑貨を修理する本

梅雨の時期で、傘が必需品の今日この頃。うちの傘は、なぜか壊れているものが多い。ホネが折れていたり、とめている糸が切れていたり。そこで傘を買おうとAmazonをあさったが、「買ったらすぐ壊れた」「ホネが折れた」という評価のオンパレード。

結局、「傘修理パーツセット」を購入。すでに4本の傘を修理。なかなか良い。

味を占めた私が同じくAmazonで購入したのがこれ。「生活雑貨を修理する本」なかなか役に立つ。
posted by 灯台守 at 21:44| Comment(0) |

2011年06月20日

王国の鍵 6 手配

王国の鍵 6 〜雨やまぬ土曜日〜 ガース・ニクス 著 主婦の友社・刊
Amazonを見ていたら、既に出版されていた!! おお、ついに6冊目。5冊目が大幅に遅れたので、今回も遅れるかと思いきや、順当に出版された(かも・・・) 発注したので、あさってには手元に届くはず。アーサーの運命や如何に。

posted by 灯台守 at 20:47| Comment(0) | ファンタジー

iPad2 修理行き

結局、今朝再度同期を取ろうとしたら、エラー発生。あきらめてサポートにTEL。「PCの確認は、しましたか?」「同じPCで2台のiPad2を使っているので、PCには問題ないと思います。」「iTunesを再インストールしてみてください。」「すでに実行済です。」

結局、エラーが消えず修理行きになりましたとさ。でもAppleはピックアップが原則のようで、18:00〜21:00の間に運送業者がくるとのこと。時間帯からすると、クロネコさんらしい。これで解決するだろうか・・・
posted by 灯台守 at 20:43| Comment(0) | 情報機器

2011年06月19日

iPad2 トラブる。

家内のiPad2に頼まれたDATAを入れようと同期したらエラー連発。夕方から悪戦苦闘したがどうにもならず、初期化を選択。

それでもつながらず、さらに苦闘。結果的には接続できたが、やれやれ。入れていたスケジュールや写真などは、バックアップできなくて消失。とほほ。

私のiPad2は問題ないんだけどねぇ・・・ 故障か?
posted by 灯台守 at 23:40| Comment(0) | 情報機器

2011年06月18日

絵本の店 コッコ・サン

我が家の近くに絵本専門店がOPEN。コッコ・サンというお店。
本店は高知にあり、そちらでは有名。HPは下記url

http://www.coccosun.com/

非常に内装が絵本のお店らしく、ロフトのような構成のギャラリースペースも魅力的。
HPには松山店の様子はありませんが、リンクをたどると高知店の様子がわかります。

絵本もありますがオリジナルの木のおもちゃが良いです。
posted by 灯台守 at 21:36| Comment(0) | あれこれ