2011年05月08日

宮部みゆきとファンタジー

宮部みゆきという人は、どうもゲーム好きらしい。ブレイブストーリーでもICOでもドリームバスターも、どっかゲームの、それもRPGのにおいがする。さすがに宮部みゆきの手にかかれば、一定水準をはるかに超える作品の出来上がりである。ただ、現代ものの「理由」や「火車」、江戸物の「お初シリーズ」や「おそろし」等のものほど作品に入り込めない。あくまで私の感想までだけども。

やっぱり、宮部みゆきをしてもハイ・ファンタジーは難しいということだろう。先人の「指輪」や「ナルニア」などは著者の確固たる世界観が確立されていて、書かれていないバックグラウンドの量が圧倒的に違うのだと思う。それは宮部みゆきが世界観を書けていないということではない。食べ物とか風俗習慣、幾百年もの階級闘争とか飢えとの戦い、旱魃・洪水等の自然との闘いや共存というものが見えないからなのだろう。

私は江戸物もある種のファンタジーだと思っている。宮部みゆきは、すでに確立された世界の中というフィールドであれば、思う存分遊ばせてくれる人だ。江戸というファンタジー世界については熟練者である。だからこそ、ハイ・ファンタジーの場合には、彼女が(たぶん)前提にしているRPG的ゲームの世界観が微妙に私とズレているから入り込めないのではないかと思う。

今後、彼女が本気でオリジナルの世界を構築して欲しい気がする。それが実現すれば、それはファンタジー史に残る名作が生まれるかもしれない・・・と妄想するのであった。
posted by 灯台守 at 18:18| Comment(1) |