2011年05月06日

おそろし

おそろし 宮部みよき・著 角川文庫他・刊

宮部さんのうまさは、「人物」を描き込むことである。それは「人物」が幽霊とか怪しいものでも変わらない。だからこそ、物語にリアルさの裏付けを付加する。

おそろしは、おちかが遭遇する怪談話から派生する奇譚である。この世とあの世の境界をさまよう想いがおちかをいざなう。5つの話は独立しているようで、ひとつの流れになっていく。

宮部さんんの江戸物でもあり、妖怪談でもあり、人情話でもあるという、安心して読める一冊である。
posted by 灯台守 at 23:30| Comment(0) |