2011年05月16日

なつかしく謎めいて

なつかしく謎めいて アーシュラ・K. ル=グウィン・著 河出書房新社・刊

原題は"Changing Planes" Planeには、飛行機のほかに「次元」という意味があり、この本の内容である「次元を旅する」という内容と、入り口が「飛行場の待合ロビー」という設定を掛けていることがわかる。翻訳者も苦労する題名であろう。

内容は、次元を旅するコツを得たアメリカ人らしい女性の旅行記の形を取っている。見知らぬ次元には、見知らぬ世界が広がっていて、私たち地球との比較を語ってくれる。

異なる次元には、玉蜀黍を遺伝子にもつ女性や、眠らぬ子供を作り上げた人たち、黙して語らぬ人々、夢を共有する人々、渡り鳥のように移動して生活する人々などを描く。私の中に一番残ったのは、人生をいくつも経験した記憶を持つ人々の話である。

グウィンの持つ独特の語り口で語られる話は、面白かったり、ちょっと怖い話であったりする。その異次元の話の中に、なぜか我々の「何か」を見てしまうのはなぜだろう。この本が書かれたのは、9.11以降とのことで、アメリカへの皮肉とも取れる箇所もある。でもそれ以上に、グウィン女史のしたたに人間を見つめる目が、この話を書かせたのだろうと思わせる。と、思ったとき、翻訳者と編集者が悩んだであろう邦題がしっくりくるのであった。「なつかしく謎めいて」。なかなか、意味深である。
posted by 灯台守 at 19:05| Comment(0) |

2011年05月15日

全日空ホテルで・・・

娘の大学進学祝いで全日空ホテルで夕食。理由は、ANAのタダ券があるため

個室で、ゆっくり話すことなどあまりないんで、貴重な時間をすごした。

娘も息子も「おなか、いっぱい」とのこと。瀬戸内の味覚を再認識する2時間でした。
posted by 灯台守 at 23:28| Comment(0) | あれこれ

2011年05月14日

ばんば憑き

ばんば憑き 宮部みゆき・著 角川書店・刊

6篇からなる江戸怪異譚。
「坊主の壺」「お文の影」「博打眼」「討債鬼」「ばんば憑き」「野槌の墓」の6作。気に入った順で並べると、「お文の影」=「野槌の墓」=「博打眼」>「坊主の壺」>「討債鬼」>>「ばんば憑き」

表題作は後味が悪かった。言いたいことはわかるが、怖いままで終了するならもっと怖いホラーはある。比べて「お文の影」、「野槌の墓」は最後の締めで泣かされた。「博打眼」の張子の犬は想像すると非常に可愛い。

結局、私の嗜好は「人情に篤い」という観点かもしれない。

「おそろし」「あんじゅう」に登場する人物も再登場し、ちょっと懐かしい。この2作が好みの読者は必読だろう。
posted by 灯台守 at 19:09| Comment(0) |

2011年05月12日

パワー

「パワー」西のはての年代記 (3) グウィン・著 河出書房・刊

シリーズ三部作のうちの3作目である。主人公は、ガヴィアと言う少年。グライやメマー達も最後に登場する。まあ、日本風に言うと大団円なのだろうか? 三部作中、本作品が一番長い。前作2作が、物語の場面が、ほぼ同一の場所で起こる事象であることに対し、この作品では主人公が、さまざまな土地を放浪する。

この主人公もいわゆる「ギフト」を持っているが、そのギフトはあくまできっかけ/トリガーにしか過ぎない。背景にあるのは大きな問いかけだろう。「自由とはなにか?」「生きるとはなにか?」

ル=グウィンは、明確な答えを用意して3部作を終わりにしているわけではない。「悪というものは、一本の剣で葬り去ることのできるものではありません。」とジブリ版ゲド戦記にコメントしたこの作家は、より深く、より細やかな回答を読者に求めるのである。
posted by 灯台守 at 21:52| Comment(0) |

2011年05月11日

ヴォイス

「ヴォイス」西のはての年代記 (2) グウィン・著 河出書房・刊

シリーズ三部作のうちの2作目である。3部作では、もっとも好きな作品。主人公は、メマーという少女。この世界では、侵略者によって本が禁じられているが、メマーは自分の住む館に秘密の部屋を見つける。

グウィンはメマーの住む世界を描きつつ、現在の世界も髣髴とさせる描写を続ける。自分の信仰する神以外を認めない侵略者と侵略された人々の葛藤。戦いや愛憎を淡々と書き綴る。さすがグウィンだと思うのは、侵略者の人々もまた魅力的なのだ。

物語の途中から、前作のグライとオレックもハーフライオンと共に登場し、重要な役割を果たす。もし、ファンタジー作品の読むべき次の一冊を選ぶなら、このシリーズを。
posted by 灯台守 at 19:48| Comment(0) |

2011年05月10日

ギフト

「ギフト 西のはての年代記(1)」アーシュラ・K・ル=グウィン・著 河出書房新社・刊

ゲドの作者でもあるル=グウィンの比較的新しい作品。まあ、あのばあちゃんは元気に執筆活動を続けていて、かつ 作品のクオリティは下がらないことがすばらしい。

シリーズ1冊めのこの本は、「ギフト」と呼ばれる特殊能力をもつ一族の後継者となった少年の話。その能力とは・・・ 強すぎるそのギフトを封印された少年と、一族を描く。

数年前にハードカバーが出たが、文庫化されて入手しやすくなった。この話を含めて、このシリーズは非常にオススメである。「ファンタジーとはこういう話なのだ」というお手本のような3冊。
posted by 灯台守 at 23:20| Comment(0) |

2011年05月09日

オタリーマン

オタリーマン よしたに・著 中経出版・刊

宮部みゆきから一転して、かなりオタク度の高い、いわゆるWEBマンガ発のマンガである。まあ、大笑いする人はお笑いするが、わからない人は「どこが面白いのかサッパリ」ということになるだろう。いわゆるIT業界のSEと呼ばれる方々には受けるハズの本である。

オタクといえば、アニメオタクがその最上位だろうけど、この本はIT業界や理系ネタが多く、オタクの定義からはハズレているかもしれない。深夜残業が続き、ひとつのプロジェクトが終了するまえに、次のプロジェクトが始まっているというSEの世界を知る人は、この本を読んで心当たりの十や二十はあると思う。(笑)
posted by 灯台守 at 21:54| Comment(0) | マンガ