2011年04月18日

かのこちゃんとマドレーヌ夫人

「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」 万城目 学 著 筑摩書房:刊

万城目さんの最新作(4月末に新刊がでるけど)。外国語が話せる猫と飼い主の女の子が繰り広げる小さなお話。外国語というのがどういうことかは、ネタばれになりそうなので、ここでは言わないけど、やはり万城目ワールドの一端を見せてくれる作品であることには変わりない。

かのこちゃんが「いかにも」という小学生。今ではいないかもしれない昭和な感じの女の子。万城目さんにしては奇想天外感覚の少ない作品ではあるが、ほのぼの感があふれるものになっている。
posted by 灯台守 at 23:30| Comment(0) |