2009年12月21日

坂の上の雲:司馬遼太郎

ご存じ、NHKの特番番組の原作。松山が舞台とあって、結構街中にポスターなんかが
氾濫している模様。

文庫でも全8冊という分量になる上、後半はほとんど日露戦争物語となってしまい
人によっては合わないという方もいるだろう。私は、前半の話の方が面白く感じた。
二百三高地や日本海海戦は、なんか今ひとつという感じ。

「坂本龍馬」といい、この話といい、古くは「樅の木は残った」といいNHKは
司馬遼太郎が好きなんだな・・・と思う。

言い換えると、日本人にとって受け入れやすい「ドラマ」が作れるというか・・・
posted by 灯台守 at 22:22| Comment(0) | 時代物

2009年12月17日

寒さ ひときわ

12/17ですが、寒さ一段と厳しくなりました。
朝晩の、犬の散歩がちょっと厳しくなってくるころですね。

夜は、家の中で過ごす犬たちですが、そろそろ
暖房器具のそばに寝床を移動させるかな?

今年もあと2週間ですなぁ。
posted by 灯台守 at 22:31| Comment(0) | あれこれ

2009年12月13日

ワンピース STRONG WORLD

息子とワンピースの劇場第10作を見に行く。
いやあ、すごい人。ほぼ劇場満杯。
エンディング始まってもほとんど立つ人いない。

ゼロ巻は、いまいちだったけど映画の内容は
結構うまくできていた。伏線もうまく張ってあったし。

堪能した映画でした。
posted by 灯台守 at 21:19| Comment(0) | あれこれ

2009年12月09日

王国の鍵 1・ガースニクス

王国の鍵 1・ガースニクス 副題は「アーサーの月曜日」 主婦の友社から。

ご存じ古王国シリーズのガース・ニクスの最新シリーズ。今年中には、
最終巻である7巻がでるとのこと。2009年12月現在3巻まで邦訳発行済み。

さて、1巻はなぞめいたプロローグに始まり、主人公であるアーサーが登場する。
ぜんそくで苦しむアーサーの生い立ちはおもしろく、物語世界に落ち込むまでは
長くはかからないだろう。その後のストーリー展開も、伏線の張り方も見事でオススメ。

なお、現在進行形で3巻読書中だが、設定は深く なかなか先が読めない。
いろいろ先の展開を想像して読み込めるのはさすがガース・ニクス。
posted by 灯台守 at 18:09| Comment(2) | ファンタジー

2009年12月07日

出張の関係

かなり出張の多い人です>自分。
年間50回は出張している感じ。行き先は、東京・川崎・大阪・神戸が99%。
移動は飛行機が多く、まれに新幹線。

飛行機も回数多いと妙にスレてしまい、カンドウがなくなりますなあ。

出張も初心忘るべからず??
posted by 灯台守 at 22:32| Comment(0) | 出張

2009年12月05日

ガース・ニクス

ここ数年、かなり一押しなファンタジー作家さんです。
エディングス亡き後、邦訳の楽しみな作家No1ですね。

「古王国シリーズ」の現代と中世がまじりあったような独特の
世界観が好きです。今は「王国のカギ」シリーズが3巻まで
邦訳済み。

主婦の友社からでているので、興味のある方はどうぞ。
posted by 灯台守 at 21:27| Comment(0) | ファンタジー

2009年12月01日

一年ぶりか・・・

実に、一年ぶり近い更新。

一年は長いようで短いですなぁ。
気がつけば、はや師走。一ヶ月で2009年とも「さようなら」ですね。

年賀状、つくらなければ。
posted by 灯台守 at 21:36| Comment(0) | あれこれ