2008年12月02日

ポメラ所感

ポメラとは、文具用品を扱っているKING JIMが発売した
電子データでいうテキストデータ専用の入力ツールです。
2008年11月10日に発売でした。

ポメラのページ

以下ポメラで記入した文書です。
ポメラ最初の記入ですが、なかなか快適に打てますね。
全く気にしないで打つことができます。結構なれると快適です。ここまで全く躊躇していません。
キーストロークは、かなりLetsNoteに似ています。どっちかというと、跳ね返りがきつめかな?
ホームポジションがとりづらいかもれませんが、これもなれかも。
左下と、右下は支えがあるのですが右側は引き出して設定しないとダメです。左側は自動的にでます。
液晶は、可もなく不可もなく。それなりです。見やすいですが、こんなものでしょう。

設定や、保存、ファイル管理はキーボード左下のメニューから実施。ツリー形式のメニューリストが現れます。まあ、まったくマニュアルはみていませんが、直感でほとんどわかります。

電電は単4が2個。電源スイッチがわからなった私は間抜けもの? しっかり右上にありました。
若干でも色を付けてもらえるとありがたい。

若干頼りない感じがするキーボードとenterを打つたびにベコベコになるところが気になるかも。
これは左がキーボード一体で支えがあるので、しっかり固定されているのとは反対に、右側の
下側固定方法が違うからで、分離されている支え部分が振動するからでしょう。

なんか不思議な感覚ですが、私にとっては使えるツールのようです。
posted by 灯台守 at 23:33| Comment(0) | 情報機器