2008年03月30日

義弟 帰省 その2

朝、雨降り。
「荷物を届けてくれ」とのことで了解し、数年ぶりの親戚のうちへ。
帰る間際に前輪の空気が抜けていることに気が付いた。
家に到着しチャックすると釘を踏んでいる!!
仕方がないので、ジャッキアップしスペアタイヤに交換。
これでは高速は走れないので、ガソリンスタンドにて修理をお願いした。
案外安く、2000円少々。

御津に戻って、お昼ご飯をみんなで食べて終了。

松山に帰宅。3/29が姉の誕生日だったので、花束を
息子と選び贈呈。うれしそうだったので、息子もおおよろこび。
posted by 灯台守 at 23:26| Comment(0) | あれこれ

2008年03月29日

義弟 帰省 その1

義弟が岡山に帰省するので、あわせて帰省。
金曜日には岡山にいるらしいが、うちは土曜日に帰省。
お墓参りをしてから御津(岡山の地名)に到着らしいので
松山を11時過ぎに出発。御津には16時前に到着。

久しぶりにあういとこなので、双方大盛り上がり。
息子は「御津に泊まる」ということで、まあ、それもありか?
私と娘と阿津に移動。

#途中まあ、いろいろあり・・・
posted by 灯台守 at 23:18| Comment(0) | あれこれ

2008年03月18日

あかね雲 山本一力

あかね雲 山本一力 文藝春秋文庫

はじめての山本一力。

京から出てきた、豆腐職人と桶屋の娘の出会いから、夫婦となり豆腐屋を
もり立てて、三人の子をなすという話。
いわゆる時代物ホームドラマかとおもいきや、夫婦のすれ違い、人生の悲哀
兄弟妹の親への思いなど、十重二十重の思いが交錯する話。

泥臭く感じる手前で、感情を抑制している語り口。特に悪人らしい悪人や
そんなヤツおらんやろ!!と突っ込みたくなる善人も登場しない。普通に
いわゆる悪い人、いい人が登場する話で作られる現在に通じる江戸話。

次の本を読みたくなったのは事実であり、直木賞はダテではないな・・・
と感じた次第。
posted by 灯台守 at 23:23| Comment(0) | 時代物

2008年03月16日

娘卒業式前日・・・

明日は、娘の卒業式。
リハーサルを日曜日にするらしい。それで
金曜日がやすみだった・・そうだ。
(でも卒業文集委員で出かけたハズ)

私は、DVDの整理をして、出張準備。
明日から研修で大阪へ移動。

久方ぶりに岸さんのコーチング講座を受講。
今回は、社費なのでありがたい!!

大阪移動後に、姪っ子と食事の予定だったが
ドタキャン!!まあ、仕方なし。
posted by 灯台守 at 23:39| Comment(0) | あれこれ

2008年03月15日

さてはて・・・

土曜日なので、いつもの通り午前中に陶芸へ。
といっても最近は息子は将棋をして終了。
かなり強くなった息子は、お相手をしてくれる方を、
こてんぱんにやっつけて終了。

帰宅すると、洗濯機を移動させて 排水がつまった所を
改善している真っ最中に遭遇。
まあ、一応は問題解決。
家内はカウンセリング講座に出かける。4年間の総締めらしい。
夜は宴会とのこと。

息子と娘は家内がいないため豪華食事を要求。
で、ピザになった。あはは。

娘は、塾のあと家内を待ち受けぎゃあぎゃあやっているが
無視して、今日は終了。
posted by 灯台守 at 22:30| Comment(0) | あれこれ

2008年03月14日

神秘の短剣 上・下 フリップ・プルマン

神秘の短剣 上・下 〜ライラの冒険〜 新潮社 フリップ・プルマン

ダイモンのいる世界から、私の世界(地球)へ。
ライラと、ウィルの活躍を描く。

私が好きなのは、・・・

下記一部ネタバレ続きを読む
posted by 灯台守 at 22:11| Comment(0) | ファンタジー

2008年03月11日

いつまでもデブだと思うなよ 岡田斗司夫

いつまでもデブだと思うなよ 岡田斗司夫 新潮新書

一年で50kgの減量を実現した記録。
まあ、元が117Kgですが、長期で減らしたところと、男性が
実行した点で面白い。
まずは、記録→解析→実行案→実施→記録→解析→実行案→実施という
典型的PDCAサイクルが回っている。
太る人の典型が述べられていること、やせた後の解析が非常に
面白い。

まあ、だまされたと思って読むと良いと思います。
読んだきっかけは、ラジオでの岡田さんの言葉、
「急なダイエットは、体重銀行から体重を借りるようなもの。かならず
利子(リバウンド)が付いてきて返ってくる」というセリフ。

なかなかの名言。
posted by 灯台守 at 22:43| Comment(0) |