2008年02月12日

そして誰もいなくなった アガサ・クリスティ

そして誰もいなくなった アガサ・クリスティ 早川書房

ミステリ好きで読んでいない人はモグリと呼んでもかまわない
名作中の名作。息子への、「世界ミステリ名作集 ネタバレ前に読んじゃえ
キャンペーン」の一環で購入したので、ついでに読破。

この本、最新訳で、2004年に出た改版を元にしている。だから島の
名前が兵隊島。唄の中でも、消えていくのは兵隊さんである。

まあ、時代が時代だけに黒人やインディアンなんてもってのほか
だろう。

良くできたプロットの上に、書き込まれた人物描写。
冷静な視点と、破綻のないストーリー展開。
さすが、名作と言えるだろう。
posted by 灯台守 at 22:24| Comment(0) | ミステリ