2008年02月29日

黄金の羅針盤 上・下 〜ライラの冒険〜

黄金の羅針盤 上・下 〜ライラの冒険〜 新潮社 フリップ・プルマン

3/1から上映開始のファンタジーの原作。
私は邦訳が出た時に、リアルで読んでいる。息子が読みたいというので
書庫をあさったが、発掘できずに、文庫を新規購入した次第。

文庫を買ったので、まあ、もう一度読み直しという所。
出張には、ちょうど良い。

内容は追記部分 下記へ続きを読む
posted by 灯台守 at 23:43| Comment(0) | ファンタジー

2008年02月28日

バッテリー Y あさのあつこ

バッテリー Y あさのあつこ 最終巻 角川文庫
いよいよ最終巻。横手との試合。

まあ、予想通りの集結方法で、まあ致し方無いという感じ。
もう少し書き込みが欲しい感じで終了。
巧と母の関係、巧と弟との関係など、読者として
気になることは多い。

弟と子犬のエピソードは、なかなかうまい!!とうなった。

読者は、常に良い作品、特にこの本のように結末を
読者にゆだねるタイプの本には、続編を期待する。
続編の是非はともかく、春にはNHKで放送されるらしいし
話題にはことかかない話だろう。

私にとっては、いろいろな材料をもらった感じのする話ではあった。
posted by 灯台守 at 23:34| Comment(0) | ヤングアダルト

2008年02月27日

バッテリー X あさのあつこ

話の中心が、巧と豪から、キャプテン(2つの中学の野球部)2人にうつった感じ。
巧と豪は中学生という感じだが、キャプテン2人は、高校生か大学生の
雰囲気。さすがに「テニスの王子様」クラスの落差は無いけどね。

横手との再試合を画策するキャプテン二人。その動きと、バッテリーの
復活の様子が、痛々しい。重いテーマになってくる。
巧の「投手としての自分を押さえきれない自分」が投げるとは、どういうことか
なかなか理解出来ない。なんか雰囲気はわかるけど。
門脇の苦悩とか、巧、豪のもどかしさが伝わりづらい。
う〜ん、いよいよ最終巻に突入。
posted by 灯台守 at 08:25| Comment(0) | ヤングアダルト

2008年02月25日

バッテリー W

バッテリー W あさのあつこ 角川文庫

前巻から一転して、横手との試合後の話。
無敵のバッテリーが、崩れる様子が痛々しい。

まあ、一気に読めることは読めるし、やっぱり周りの人物描写が
秀逸。若干じいちゃん像が 以前よりやわらかくなった感じ?

そして5巻へ。
posted by 灯台守 at 22:20| Comment(0) | ヤングアダルト

2008年02月24日

鹿児島みやげ

日曜日、姉が院内旅行で鹿児島から帰松。
昼過ぎ、空港に迎えに行く。夜は鹿児島土産で
盛り上がる。

まあ、お昼に「昼食一発爆発事件」はあったが、
まあまあ・・・

来週は、恒例夕食会は無し。
posted by 灯台守 at 23:15| Comment(0) | あれこれ

2008年02月23日

ゲーム三昧の土曜日・・・

本日も、いつもの通り 陶芸へ行き
その後、ぐったりして休憩モード。

TSUTAYAの旧作半額セールが金曜日から始まったので
息子の希望を聞く。
フルハウスのシーズン4とシーズン5を借りる。コナンのシーズン
8に突入。といってもシーズン7をコンプリートした訳ではないが。

PS2のヤンガスを正月明けから実施中。ずいぶん遊べるゲーム。
それだけ、オリジナルのローグが良くできているということだろう。
とりあえず、ストーリー版のエンディングは難なく終了。
エキストラ版のPART1は、前半の課題3ダンジョンのうち、
残り1つ。持ち込み制限なしなので、問題はなさそう。
その後の100階、持ち込み品なしの方がつらそう。う〜ん、
なかなか・・・
posted by 灯台守 at 22:05| Comment(0) | ゲーム

2008年02月18日

バッテリー V あさのあつこ

いよいよ、三巻。
クライマックスは、紅白戦。どきどきしつつ、読み進む。

まあ、野球シーンを つらつら書くのが目的ではないと
わかっているが、やっぱり面白い部分は面白い。

横手との試合の前で終了。
posted by 灯台守 at 21:26| Comment(0) | ヤングアダルト