2007年12月17日

ぐるりのこと 梨木香歩

ぐるりのこと 梨木香歩 新潮文庫

「春になったら莓をつみに」につづくエッセイ。
なかなか硬いエッセイであるが、好感を持って読んだ。
いろいろなエピソードの中、「沼・・」の創作時点の話などが
登場するところが興味深い。

基本的にマジメな人みたいで、背筋の伸びた文章と
内容が淡々と語られる。

植物に絡む話を封印したとか、いろいろ面白いエピソードは
あるが 枠からはずれている感じはない。

やっぱり自分にとって微妙な位置付けの作家であることは
変わりなく、一層その位置を確保?したようだった。
posted by 灯台守 at 23:59| Comment(0) |