2007年12月10日

百万の手 畠中恵

百万の手 畠中恵 創元推理文庫

いきなり、主人公の友人が焼死する。その直後、死んだハズの友人が
形見となった携帯から語りかけて来る・・・
その火事の原因はなにか? とある病院を中心に連続する事件。

その根底にある問題は、はてしなく重い。
前半と後半の落差にとまどうし、ファンタジーな設定が多すぎ
整理されていない。
さすがに面白いが、テーマに比して負けている感じがしたなぁ。
でも読ませてくれるところは、さすが畠中さんではある。
posted by 灯台守 at 22:16| Comment(0) | ミステリ