2007年12月03日

顔の無い男 北森 鴻

非常に変わった形のミステリ。

二人の刑事が遭遇した不思議な事件。
全身骨折と打撲だらけの死体が発見され、身元が洗われる。
この男、全く人間関係が無い。まるで「顔の無い男」・・・

事件は、この男の残したファイルを二人が発見した所から
さらに奇妙な展開をはじめる。謎の貿易会社、次々と現れる
謎の事件。果たして真相は?

なかなか読み進められず苦労した作品。かなり構成が
変わっていて、理解しがたい。その分、後半一気に展開し始めた
ところくらいから、止められなくなる。

さすが、北森鴻。普通のエンディングでは終わらない。
うなる結末をご堪能あれ。
posted by 灯台守 at 22:27| Comment(0) | ミステリ

2007年12月02日

翌日・・・東京→松山

翌日、予約した便は17時代だったが、早々に引き上げ。
9時の便に乗り帰松。
しかし、登場口で登場券が無いことに気が付き、
あわてた。
最近、紙の搭乗券持つことないので、焦りまくり。

松山について、会社へ出て、いろいろ実施。
なんか、いろいろありすぎで困ったものだ。

明日から日本半周モードかしら・・・
posted by 灯台守 at 22:22| Comment(0) | あれこれ

2007年12月01日

鬼のパーティ

12/1は鬼ヶ島通信 50号記念パーティ。場所は銀座。
開始は地方の方の、上京時間を考慮して14:00。
(う〜ん、松山だと無理無理。(^^;; )

ホテルを出て、とりあえず秋葉原に向い、所用をすませる。
はじめて、ヨドバシ秋葉原店に入り、いろいろ見て回った。
結構、外国の方多し。さすが電脳街・秋葉原。

結局、有隣堂に行って、本を2冊とノートとその他文房具を買う。

14時に余裕を見て移動。有楽町で降りて、ふらふらを銀座の
目的方向へ。うろうろしていると、鬼ヶ島の同人の先生に会う。

そうこうしていると、お知り合いに遭遇。ちょっと早かったけど
パーティ会場へ。

三次会は、なんとカラオケ。作家先生をカラオケ、しかも
銀座で。あれまあ。全員で合唱した「宇宙戦艦ヤマト」は
凄かった・・・
posted by 灯台守 at 23:14| Comment(0) | あれこれ