2007年11月26日

絶叫城殺人事件 有栖川有栖

絶叫城殺人事件 ご存じ有栖川有栖、火村教授シリーズの短編集。

黒鳥亭殺人事件、壺中庵殺人事件、月宮殿殺人事件、雪華楼殺人事件、紅雨荘殺人事件
および表題作の計6作の短編集。きわめて標準的なミステリであるが、火村、有栖コンビが
非常によい味をだしてくれて、楽しく読める。
でもそこは有栖川有栖で、ただでは返してくれない。

表題作は、猟奇ゲームの問題を背景に、動機の問題をうまく料理してくれた感じ。
この手の話としては、秀逸。犯人もかなり意表をついている。

このコンビは国名シリーズも安心して読める。ただ最近もう一方のシリーズ最新刊が
でたけど、あちらは結構想いからなぁ。思案中・・・
posted by 灯台守 at 22:37| Comment(0) | ミステリ