2007年11月20日

朝日のようにさわやかに 恩田陸

朝日のようにさわやかに 恩田陸 新潮社

恩田さん、久方ぶりの短編集。14編が収録されている。
かなりの割合がスリラーというかホラー系。わたしのお好みは
あの学園ものの続き。なんか、あっという間に恩田ワールドに
引き込まれ、パンッ と、元の世界に連れ戻される。
短編ならではのリアルとフィクションの間に揺れる感覚が
すさまじい。

●「水晶の夜、翡翠の朝」
●「ご案内」
●「あなたと夜と音楽と」
●「冷凍みかん」
●「赤い毬」
●「深夜の食欲」
●「いいわけ」
●「一千一秒殺人事件」
●「おはなしのつづき」
●「邂逅について」
●「淋しいお城」
●「楽園を追われて」
●「卒業」
●「朝日のようにさわやかに」
posted by 灯台守 at 23:39| Comment(0) |