2007年11月15日

サークル・オブ・マジック 魔法学校再訪/氷の国の宮殿

サークル・オブ・マジック 魔法学校再訪/氷の国の宮殿 デブラ・ドイル&ジェイムズ・D・マクドナルド

サークル・オブ・マジック 最終巻 ただしこのシリーズ、最初の話は1990年刊行だそうで
その後、2冊の続巻が出た後、十数年隔てて登場した続編となる。

2巻から後の形を踏襲して、この巻も2話収録。長いファンタジーを読み慣れている人には
多少物足りない所もあるかもしれない。実際、私は飛行機の中、あっという間に読み終えて
しまった。

物語はブレスランド再統一後1年経過したある日、宮殿にいるランドルの元に来た
魔法学校の生徒、ランドルは以前の自分の姿を彼に見る。しかし・・・
後半は、氷の宮殿を舞台に絶体絶命の危機に・・

なかなか、予測不可能な展開。前半の仕掛けはよく考えていると関心。後半の話は
多少無理があるが、これまた結構で。

熱烈なファンもいるこのシリーズ、ドキドキの連続がたまらないと思うのかも。
ひねたファンタジー読みの私は「あんまり予定調和で・・・」と思ってしまった。
ここのところは、好みによるかも。かなり、ハリポタ風の世界感に近く、
独自性が弱い所が今ひとつだったかもしれない。

おすすめ度は★★★(★三つ:まあ、読んでもよいか。)
posted by 灯台守 at 23:22| Comment(0) | ファンタジー