2007年05月26日

しゃべれども しゃべれども

陶芸へ行くが、結局陶芸はそこそこにおしゃべりばかり。

昼から佐藤多佳子さん原作の「しゃべれども しゃべれども」に。

原作とかなり違うところもあるが、江戸の風景がうまくとけ込んで良い情景が描かれていた。
主役の国分くんも良かった。「火焔太鼓」も熱演。師匠役の伊藤四郎さんも、ああいう
ちょっと変わった師匠は「ああ、いるいる!」といった感じでうまさを痛感。
おばあちゃん役の八千草薫さんも、良い味だしてました。村林役の森永くんの
「まんじゅうこわい」が特に絶品。原作でも枝雀さんの写しと言っていましたが、
その通りの熱演で、かわいい枝雀さんを展開。ムカデのくすぐりの部分なんか、
おもしろさをそっくりに伝えてくれて、映画館の観客も笑いがかなり出ていました。
ただ残念ながら、初日初回の割には入りは3割。ま、パイレーツと同時で目立った感じ
ですが、良い映画だけに、かなり寂しい。
posted by 灯台守 at 21:27| Comment(0) | あれこれ