2007年04月18日

スローモーション(偕成社版) 佐藤多佳子

スローモーション(偕成社版) 佐藤多佳子

いまさらながら、未読だったので読む。
主人公のとがった感じが、痛いほど伝わる。
そして義理の兄と友人の微妙な関係。

さすが佐藤さんの文章は読者をひっぱって行くけど
この話の最後は切ない。

最後の結末はすべてが明らかにされていないような印象を
あたえるが、それは佐藤さん流の終わり方だと思う。
posted by 灯台守 at 23:55| Comment(0) |