2007年01月10日

ネクロポリス 恩田陸

恩田さんの変なミステリ。
たぶん、恩田さんにしか書けない分野だと思う。

舞台は、イギリスの植民地。でも日本文化が色濃く
反映され、「ヒガン(彼岸)」というイベントが行われる
辺境の島が舞台。

鳥居は出てくるわ、こっくりさんは出てくるわ、「かごめかごめ」の
歌は出てくるわ、東洋の、しかも土着信仰というか、神道というか
そういう雰囲気の中、語られるは「切り裂きジャック」である。

でも、物語の中では、事件は比較的ゆったりと進行する。
非常に特異な設定の中、物語はどこへ進むのか?という疑問を
読者に抱かせつつページは進む。私は、まるで催眠術にかかった
ような感触でエンディングを迎えた。

わざと、その特異な設定は書かないが、ファンタジー好きの方なら
ハマル可能性は大きい。私はハマッタ。しかし、受け入れない体質の
方は、絶対いるなぁ・・・という感じもある。

評価は非常に難しい。
posted by 灯台守 at 23:56| Comment(0) |