2006年07月19日

「四季」 夏 森博嗣

これまた大変なお話。真賀田四季シリーズ2冊目

まあ、森ミステリを知らない人は「なんのことやら」であると思うが。
このシリーズから読み始める人っているんかいな?

#たぶんいないだろうな・・・

しかし壮絶な話ではある。前作はトリッキーな書き方をしていたが
本作もいろいろな仕込みが十分にあって、感慨深い。
微妙にVシリーズにつながっていて傑作な感じ。

しかしまあ、壮大な伏線ではあるが。
posted by 灯台守 at 22:16| Comment(0) |