2006年01月15日

富安陽子 樹のことばと石の封印

昨日紹介した本の続編。
信田一家のこどもたちの冒険談。

なんかいきなり異世界にとんでしまうのはお約束。
はっきり描かれる性格の差は、富安さんのお手の物の
構成である。

ただ、いいかげんな「おじさん」が中途半端で、なかなか
味が出せていない。もう一人のタクミは結構いい線行っているかな?

事件の展開といい、解決方法といい、よくありそうな話で
まとまってしまった。さすがに伏線の張り方はうまいの一言。
どうやって収拾するのかと思ったら、ちゃんと答えがあったところは
さすが。

でも全体的には一作目にくらべるとちょっと弱いか?
なんとなく3作目に期待する灯台守である。
posted by 灯台守 at 22:39| Comment(0) |