2006年01月10日

富安陽子 やまんばあさん 2冊

富安陽子らしい、本ではある。

富安陽子のダイナミックな語り口と、すっとんきょうな大島妙子の
絵が、だんだん読むうちにしっくりくるのは何とも不思議である。

幼年童話としてはちょっと難しく、微妙な対象年齢かもしれない。
ちなみに
私の好みは「やまんば山のモッコたち」の方に軍配があがる。

ま、人それぞれだが。
posted by 灯台守 at 22:04| Comment(0) |