2006年01月08日

孔雀狂想曲

北森鴻の孔雀狂想曲読了。

下北沢の骨董店を舞台に繰り広げられるものにまつわる
ミステリーというか、ミステリアスなお話と言った趣き。

鑑定団大好きな私はとっても好みのお話が展開され
もう、至福の一冊であった。

人物像はしっかりえがかれ、プロットもストーリーも
安心して読める。

今年はさい先が本当によい。
この先も、こうありますように・・・
posted by 灯台守 at 21:56| Comment(0) |