2006年01月05日

北森鴻

ミステリー作家であるが、結構あたりっぽい。
他の人は どう感じるかわからないが、私にとっては、
「大当たり」な感じ。

重厚な作りというか、職人芸の雰囲気があり
ポッと出の作家と一線を画す文章がよい。

ただいま「凶笑面」をじっくり読んでいるところ。
posted by 灯台守 at 21:17| Comment(0) |