2005年11月23日

cgi書き込み対策

最近cgi掲示板の書き込みが猛烈に増加している。
辺り一面手当たり次第に書き込んでいる形跡がある。

こまったもので、消すと同時に書き込みがあったりして
文字通りいたちごっこになってしまっている。

仕方がないので、いやいやながらIPアクセス制限をかける
ことにした。
それでもダメなら、書き込み許可制かな??

いずれにしろ、手間がかかって仕方がない。
セキュリティには金がかかるものなので、あきらめるか・・・
posted by 灯台守 at 21:16| Comment(0) | パソコン

2005年11月22日

ベルガラス第一巻読了

まあ、なんとなく一巻読了。
続きがよめることは、この上もない楽しみだと
思い当たった。

旧知の友(本の中でだけだが)が相変わらず活躍するのは
本当に楽しい。

すぐれたシリーズものは、本当に少ないだけに
巡り会えて幸せである。
posted by 灯台守 at 22:55| Comment(0) |

2005年11月21日

ベルガラス

エディングスの「ベルガラス」開始。
やっぱりうまい。
安心して読める。
読み始めて、10Pで世界に没入。

良くできたシリーズものファンタジーの効用である。
この状態が続くと、本編を読みたくなるので困りもの。
全部で20冊だからなぁ。

で、
わけあって、とある本の電子化を別途推進中。
報告出来る日はくるか?
posted by 灯台守 at 22:30| Comment(0) |

2005年11月20日

「オリエント急行殺人事件」事件(再録)

「オリエント急行殺人事件」事件 May. 11 '1999


----------------------
 オリエント急行殺人事件は、アガサ・クリスティの代表作の一つである。わたしのミステリ驚愕トリックNo1でもある。なぜ、オリエント急行殺人事件がNo1であるか?それにはちょっとした理由がある。 なお、ネタばれはないので安心して読んでほしい。
---------------------

続きは下記をクリック続きを読む
posted by 灯台守 at 22:05| Comment(0) |

2005年11月19日

先日の出張

出張の二日目。新宿泊。

朝から不調で、打ち合わせが10時から13時に変更。
仕方なく紀伊国屋で暇つぶし。
・ドーム郡の3巻めが出ていた。
・海外ファンタジーの翻訳物てんこ盛り
という状況を確認して、食事。
東急ハンズを覗いて、打ち合わせ先へ。

打ち合わせを1時間で終了し疲れ果てたので、バスで
空港へ。ところが早い便は満席状態。ありゃりゃ。
あと5時間もなにするの??

しっかり読書の時間にあてるとしよう。

#ベルガリアードのポルガラ編が出ていた。
#ベルガラス編ともども英文の原書はお蔵入りか?(^^;;
posted by 灯台守 at 17:19| Comment(0) | あれこれ

2005年11月18日

ファンタジー 復活

べつに全滅したわけではなく、灯台守の読む対象がミステリーから
ファンタジーの方に、遷移したということ。

やっぱり復活のキッカケは、長年連れ添った?作家さんの新作。

「ベルガリアード」というUSのファンタジー。文庫本で20冊のシリーズの
前史を語る2冊組のうちの1冊が完結し、来月には後半が完結である。
といってもUSではずっと前に出ていて、邦訳が前半3冊、後半3冊に分冊され
出版である。

作者はエディングス夫妻で、なんといっても女性が強いのが特長。主役は
男性だが、強いのは女性である。独特の世界を構築し展開するのは、普通だが
女性の強さに感服する。

ちょっとコミカルな部分もあり、しっかりしたバックボーンも設定されていて、
なかなか面白い。

実績の無い新興勢力のファンタジー作家とはひと味ちがう世界が待ってますよ。
posted by 灯台守 at 23:30| Comment(1) |

2005年11月17日

けいさんの とこ

鬼の棲家の「けい」さんのサイト、blogが立ち上がっていた。
最近の書き込みでガース・ニクスの「キーストーン」シリーズの
紹介があり、ちょっと感激。

http://seikouudoku.cocolog-nifty.com/

古王国シリーズの続編(もう出ているライラエルとニックのその後が気になる!!)とか、
7つのカギシリーズとか期待が大きい。
早く邦訳でないかなぁ・・・
ハウルのDWJの出版ラッシュのように、キーストーンの映画化に すっごく期待しているのでした。
posted by 灯台守 at 19:37| Comment(1) |