2005年09月08日

恩田陸

ここ数年、恩田陸にはまっている。きっかけは「六番目の小夜子」。
一時期古書で入手難で探している人が多いということから、読んだという
非常に変なきっかけ。

この「六番目の小夜子」はNHKの少年ドラマシリーズの復活後に
高校から中学校に舞台を変えて今をときめく「鈴木杏・栗山千明」の
美少女コンビで放映された。

さて、恩田さんは、デビュー作「六番目・・・」もそうだけど、特長を一言で言えば
「びっくり箱」である。毎回、思いもしない設定で攻められ、アレアレという
展開でびっくりしてしまう。
まあ、設定倒れ、展開あたわず・・・ということもあるが、ツボにはまると
面白い。

で、現在「ユージニア」を読書中。
posted by 灯台守 at 22:00| Comment(0) |