2017年02月21日

みかづき 森絵都

みかづき 森絵都 集英社
本屋大賞候補作 8作目です。

昭和36年。高校も出ていない大島吾郎は小学校の用務員室で落ちこぼれの小学生の補習を行っていた。そんな吾郎を赤坂千明は塾の世界に引き込む。そして、二人は結婚。千明の連れ子、蕗子と二人の子、欄と菜々美とともに、高度成長する日本をバックに塾の世界へなだれ込んでいく。

吾郎と千明、そして千明の母の頼子、二人の子の蕗子、欄、菜々美、そして蕗子の子の一郎と杏の親子四代に渡る昭和から平成への年代記。根本に流れる「教育」への熱い想いがなんとも言えない。スゴイといえばスゴイが、うっとおしいといえば、うっとおしい。しかし、その畳み掛けるような事件の数々が面白すぎる。前半の千明と吾郎の奮闘ぶりも面白いが、後半の子どもたちの奮戦ぶりも捨てがたい。

折り重なる赤坂家と大島家に面々と続く教育との関わり。最後の吾郎と一郎の話も、ホントに面白い。

壮絶ではなるが、なぜか笑いがこみ上げてくる場面が多い。耐える話もあるが、弾けるエネルギーのある話でも有る。ぜひ画像化して欲しい作品だろう。
posted by 灯台守 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) |

罪の声 塩田武士

罪の声 塩田武士 週刊文春
本屋大賞候補作 7冊目となりました。

昭和の未解決事件を追うことになった新聞の文化欄記者。その背景を探りに、わずかな噂を元にイギリスへ飛ぶが無駄足となる。しかし、昔の取材を掘り起こして、名古屋に向かい、とある事実に向かい合う。とあるオーダーメイドの洋服仕立て屋の男は、母親に言われ亡くなった父親の引き出しを開けることになり、とんでもないものを発見する。それは、一冊のノートと一本のカセットテープだった。そのテープには幼い頃の自分の声が入っていたが、その内容は信じられないモノだった。

三十年以上前の「グリコ森永事件」を想定し、登場する会社名・人物以外は、ほぼそのままというフィクションの形をとったセミノンフィクションとも言える。日本の食品業界を絶望の淵にまで追い込んだ「かい人21面相」の正体に迫り、納得できる目的をあぶり出す。また、その事件に巻き込まれた2つの家族を鮮やかに描き語り尽くす情景は、凄まじいものがある。

当時、大学生だった私には、他人事と思えない、一級品の犯罪小説である。
posted by 灯台守 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年02月19日

ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジは スコット・デリクソン監督作品。ベネディクト・カンバーバッチ主演。まあ、MARVEL作品なので、そういうことか。

どうみても自業自得的な事故で両手の機能を失ったストレンジは、スーパードクターの地位を失ってしまう。そんな中、どう考えても歩くことも出来ない状況から復活したという男性の症例を聞く。彼曰く、「魂でなおした」という。そして彼のいうネパールのカトマンズにあるカマー・タージと呼ばれる施設へ向かう・・・

息子曰く、ストーリー60点、映像90点。まったく同意。魔法的なモノを画像転換しているのは、さすがMARBELだけあってサービス満点でしょう。お約束のエンディング後のオマケ映像もあるし。

しかし、オマケ映像がニ弾攻撃なので、映画開始直前に「エンディング後にも映像があります」とテロップまででておりのに、1弾目終了後に出ていった方多数だった。残念。

# しかしソーが出て来るとは思わなかった。まあ、カメオ出演だけど。
posted by 灯台守 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年02月12日

柳家喬太郎独演会 2017年2月11日(昼) 京都アルティホール

毎年恒例の喬太郎さん京都独演会。昨年と一昨年の記録は下記の通り。

2016年 http://l-h-keeper.sblo.jp/article/173895977.html
2015年 http://l-h-keeper.sblo.jp/article/113444274.html

今年の出し物は、

松竹梅     柳家喬太郎
星野屋     春風亭正太郎
梅津忠兵衛   柳家喬太郎
仲入り
抜けガヴァドン 柳家喬太郎

いやはや、生の「抜けガヴァドン」を聴けるとは思わなかった。至福の時でした。

なお、同日キャッツ被ったので、夜公演はお知り合いにおまかせした。
席が空かなかったのは、有り難い。

ご連絡があった夜の演目は下記
象見舞     柳家喬太郎
雛鍔      春風亭正太郎
白日の約束   柳家喬太郎
仲入り
錦木検校    柳家喬太郎

開場で7/14のチケットを売っていたので購入。ありがたや〜
posted by 灯台守 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

月刊キャッツ 2月 2/11(土) K24

月刊キャッツも、8回め。今回は、ニ階C席。全体が見えるので、課題だったオープニングの時のグリザベラの動きを確認。最初の独唱「その孤独を」のときに後ろから登場。オーデュトロミーのタイヤの上に立つ感じ。うまーっく、周辺で振り付けている感じ。

2階への訪問猫はかなり変化があることが判明。ミストフェリーズのときはラムタムダガー。エンディングはスキンブルシャンクス。5月のときに握手席に来てくれるか、祈るのみ・・・
なおシラバブは黒柳さん。

キャッツ 大阪
2017年2月11日(夜)公演  大阪四季劇場
グリザベラ 木村智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀
ジェニエニドッツ 笠原光希
ランペルティーザ 山中由貴
ディミータ 吉村摩耶
ボンバルリーナ 金 友美
シラバブ 黒柳安奈
タントミール 野田彩恵子
ジェミマ 円野つくし
ヴィクトリア 引木 愛
カッサンドラ 藤岡あや
オールドデュトロノミー 山田充人
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 飯田洋輔
マンカストラップ 萩原隆匡
ラム・タム・タガー 上川一哉
ミストフェリーズ 松出直也
マンゴジェリー 斎藤洋一郎
スキンブルシャンクス 小林 唯
コリコパット 横井 漱
ランパスキャット 政所和行
カーバケッティ 齊藤太一
ギルバート 肥田晃哉
マキャヴィティ 文永 傑
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

獣の奏者 外伝 上橋菜穂子

獣の奏者 外伝 上橋菜穂子 講談社

気がついたら、初読のときには記載しなかったみたい。
獣の奏者 外伝です。内容は下記の3作。

刹那
秘め事
はじめての・・・

「刹那」は、エリンの出産を描きつつ、イアルが語る結婚に至る馴れ初め。
「秘め事」はエサル師、若かりし頃の逸話。
「はじめての・・・」は、エリンとイアルとジェシのほのぼのした話。

本編を読んだ人には説明の必要がない上、「ああ、そうか」と納得できるエピソードが連なっていく。エサル師が、イアルが、どうしてああいう行動を取ったか理解できる。決して心地よい話ではないが、辛くピンと張った緊張感の中に人としての気持ちの交流が解る話である。

なお、「秘め事」のエピソードを読むとそこに「鹿の王」を感じるのは私だけではないだろう。「秘め事」に描かれるエサル師に「鹿の王」のホッサルの助手ミラルを見た感じがする。

再読して、改めて思った次第。
posted by 灯台守 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年02月11日

獣の奏者 再読

上橋菜穂子さんの獣の奏者を読書会用に再読中。このブログにも一度登場済。

http://l-h-keeper.sblo.jp/article/60351927.html
http://l-h-keeper.sblo.jp/article/60374883.html

前回が二度目の再読で、五年も前なんだと再認識した。3回めかかと思い出す。改めて読み返すと、新たな発見は多い。特に、この作品はエンディングが強烈過ぎて、全部持って行かれる感じである。しかし、つらいファンタジー。まあ、外伝があることが救いである。

ハードカバー5冊に及ぶ長い話だが、登場する人々が、なんて生き生きとしていることか。特に食事シーンや食べ物の記述は、ホントに楽しい。結果はわかっているけど、それを凌駕する物語の力を感じる。

ファンタジーは魔法の物語ではなく、人の物語であると再認識させてくれるお話だろう。
posted by 灯台守 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー