2016年11月27日

たびたび三三。柳家三三さん 西宮酒造煉瓦館 2016年11月26日 昼

柳家三三さんの「たびたび三三」。西宮酒造煉瓦館 2016年11月26日 昼
去年に続いて、煉瓦館。残念ながら、月刊キャッツとかぶってしまい、昼のみ。

出し物は・・・

元犬
文違い
仲入り
小言幸兵衛

なぜが元犬が大好きですね。犬の三三さんが可愛い。「クルッと回ってお手」は
秀逸。

次の三三さんは、年末の枝光さんとの二人会かな。
posted by 灯台守 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

月刊キャッツ 11月 11/26(土) M35

月刊キャッツも、5回め。今回は、一回右サイド。サイドは、左の方が良いかなぁ。
でも、冒頭の巡回猫はシラバブ。メークをじっくり観察できる。じっと見つめられている状態でセリフを聞くのは、捨てがたい。

そのシラバブは、黒柳安奈さん。目がくりっとしていて、可愛い。
ダガーのときに、舞台袖で游んでいるのは相当おもしろい。

グリザベラは初の早水さん。熱唱型かな。魅力のアルト。

キャッツ 大阪
2016年11月26日(夜)公演  大阪四季劇場
グリザベラ 早水小夜子
ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀
ジェニエニドッツ 花田菜美子
ランペルティーザ 山中由貴
ディミータ 松山育恵
ボンバルリーナ 天翔りいら
シラバブ 黒柳安奈
タントミール 間辺朋美
ジェミマ 加島 茜
ヴィクトリア 杉野早季
カッサンドラ 山田祐里子
オールドデュトロノミー 橋元聖地
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 飯田洋輔
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 大嶺 巧
ミストフェリーズ 一色龍次郎
マンゴジェリー 斎藤洋一郎
スキンブルシャンクス 塚田拓也
コリコパット 横井 漱
ランパスキャット 松出直也
カーバケッティ 繻エ 駿
ギルバート 玉井晴章
マキャヴィティ 文永 傑
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2016年11月03日

たびたびさんざ 大阪の会。柳家三三 in グランフロント大阪

柳家三三さんの独演会、初の大阪グランフロント ナレッジシアターでの昼夜二回席。
書き忘れていたので、備忘のため追記。
2016年10月2日(日)に見ました。

昼:
茶の湯
お血脈
万両婿

夜:
真田小僧
亀の甲(小佐田定雄・作)
文七元結

濃厚な合計6席でした。お腹いっぱい。至福の数時間。グランフロントもなかなか良かった。
posted by 灯台守 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

笑福亭たま・笑福亭笑子 二人会 繁昌亭 2016年11月3日(木)

笑福亭たまさんの朝の会なので、10時から聞きに行く。出し物は下記の通り。

時うどん     笑福亭智丸
Life is Comedy  笑福亭笑子
秘密警察     笑福亭たま
スタンダップ落語 笑福亭笑子
紙屑屋      笑福亭たま

笑福亭笑子さんは、なんか緊張していたのかな?
今ひとつ乗れていなかった感あり。

たまさんの「秘密警察」は新ネタ。もう抱腹絶倒。
「紙屑屋」は、たまさんの基礎的な舞踊の所作に感動。

たまさんの来年のABC寄席と福笑さんの日程がわかったのは大きい。
posted by 灯台守 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

2016年10月30日

月刊キャッツ 10月 10/29(土) M4

月刊キャッツも、すでに4回め。いままで最も舞台に近い場所からの観劇。
やっぱり細かい表情が見えるのは大きい。猫達が近くに来てくれて、じっと見つめられている状態でセリフを聞くのは、なかなか良いです。

シラバブは、今回の松尾さんと黒柳安奈さんが、月ごとに交代している
ような状況ですなぁ。松尾さんは、可愛いけど歌い出しが弱い・・・。
下手では無いけどね。

キャッツ 大阪
2016年10月29日(夜)公演  大阪四季劇場
グリザベラ 松本菜緒
ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀
ジェニエニドッツ 安宅小百合
ランペルティーザ 山中由貴
ディミータ 原田千弘
ボンバルリーナ 金 友美
シラバブ 松尾 優
タントミール 野田彩恵子
ジェミマ 円野つくし
ヴィクトリア 藤岡あや
カッサンドラ 片岡英子
オールドデュトロノミー 橋元聖地
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 正木棟馬
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 大嶺 巧
ミストフェリーズ 一色龍次郎
マンゴジェリー 齊藤太一
スキンブルシャンクス カイサータティク
コリコパット 押田 柊
ランパスキャット 政所和行
カーバケッティ 繻エ 駿
ギルバート 肥田晃哉
マキャヴィティ 田川雄理
タンブルブルータス 川野 翔
posted by 灯台守 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2016年10月25日

柳家三三 たびたびさんざ at 京都 大江能楽堂 2016

2016年10月23日(日) 京都 大江能楽堂にて柳家三三さんの独演会「たびたびさんざ」を見ました。
お噺は下記の通り。

道灌
笠碁
〜仲入り〜
舟徳

やはり三三さんの人物描写は秀逸。笠碁のやりとりなんかは、もうホレボレする。
そこには、人間が活きている。やっぱり良いなぁ。

posted by 灯台守 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語

2016年10月21日

七人の侍

ご存知、「七人の侍」を「午前十時の映画祭」で見た。映画館で見るのは初めて。改めて、その迫力の映像に驚愕した。

炎上する民家と慄き泣き叫ぶ人々。怒涛で攻め入る騎馬の群れ。迎え撃つ竹やりの百姓たち。全編208分の長丁場だが、まったく時間を感じさせない攻めの映像が続く。しかも後半90分は、ほぼ攻防戦に費やされる。生きることと戦いの瞬間が切り取られ眼前に展開する。

スタンダードサイズとはいえ、過去のフィルムは再生されデジタル処理されて鮮明になった。まあ、音声は明瞭とは言いがたいし、方言が聞き取れないところもあった。しかし、スクリーンから伝わってくるものは、いささかの衰えもない。リアルな生き様が「これでもか」と押し寄せる。

綺麗でスマートな映画とは正反対の映画がここにある。この機会に映画館で見ることが出来て本当に良かったと思える映画だった。間違いなく日本映画の至宝だろう。
posted by 灯台守 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画