2018年05月22日

人類補完機構 コードウィナー・スミス 全三冊

人類補完機構 コードウィナー・スミス
ハヤカワSF文庫での全三冊を再読した。もちろんノーストリリア読書会がきっかけである。
未訳文も含めて完訳となったのは嬉しい限り。

『スキャナーに生きがいはない──人類補完機構全短篇1』伊藤典夫、浅倉久志訳
 序文(ジョン・J. ピアス)
 編集者による序文
 夢幻世界へ
 第81Q戦争(改稿版)
 マーク・エルフ
 昼下がりの女王
 スキャナーに生きがいはない
 星の海に魂の帆をかけた女
 人びとが降った日
 青をこころに、一、二と数えよ
 大佐は無の極から帰った
 鼠と竜のゲーム
 燃える脳
 ガスタブルの惑星より
 アナクロンに独り
 スズダル中佐の犯罪と栄光
 黄金の船が──おお! おお! おお!
『アルファ・ラルファ大通り──人類補完機構全短篇2』伊藤典夫、浅倉久志訳
 クラウンタウンの死婦人
 老いた大地の底で
 酔いどれ船
 ママ・ヒットンのかわゆいキットンたち
 アルファ・ラルファ大通り
 帰らぬク・メルのバラッド
 シェイヨルのいう名の星
『三惑星の探求──人類補完機構全短篇3』伊藤典夫、酒井昭伸訳
 宝石の惑星
 嵐の惑星
 砂の惑星
 三人、約束の星へ
 太陽なき海に沈む
 第81Q戦争(オリジナル版)
 西洋科学はすばらしい
 ナンシー
 達磨大師の横笛
 アンガーヘルム
posted by 灯台守 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | SF

2018年05月13日

ノーストリリア コードウェイナー・スミス

ノーストリリア コードウェイナー・スミス ハヤカワ文庫SF

スミスの唯一の長編小説である「ノーストリリア」を久方ぶりに再読した。二十年は経過していないけど、十年は経過している。新たな発見はあっただろうか。

主人公はロッド・マクバン。彼はノーストリリア人としてはサベれないしキトれない。不適合者である。3回の再生/成長を試みたが他の人たちとテレパシーで交流できなかった。しかし、聞き取れる時の彼の能力はすさまじいことは秘密だった。九死に一生を得た彼は、次に迫る危機回避のため、なんと地球を買ってしまう・・・

人類補完機構のシリーズでは唯一の長編であり、オールキャスト登場的な側面もある。典型的な少年の成長譚ともいえるが、魅力的な挿話の数々が何とも言えない感覚を呼び覚ます。

特に、シリーズ最強のヒロイン、ク・メルが登場することが一層の魅力を掻き立てる。そして最終的なしめくくりも、いかにも人類補完機構的なエンディングが待ち構えている、決して100%のハッピーエンドは無いのだろう・・・
posted by 灯台守 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | SF

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

1995年に公開された『ジュマンジ』の続編らしい。高校で居残りを命じられて物置状態の部屋を片付けるように指示された四人は、見たことが無いTVゲームを見つける。そこにあったTVに接続するとジュマンジというゲームが起動されプレイを始めると、いきなりゲーム内に吸い込まれてしまう・・・

期待しないで見に行ったジュマンジ。前作も知らず、ゲームものとの情報くらいしかない中、なかなかの佳作だったと思う。ゲーム内という事を活用するし、NPCの役割と語りを使用して場面展開と進行を加速している。現実とゲーム内との俳優さんのアサインが絶妙だし、なかなか演技が上手い。ゲームで言うライフの使い方が絶妙で非常に効果的な印象を与えてくれる。伏線の張り方も、見え見え感はあるがなかなか爽快な回収を行ってくれる。

メンバー間の状況をゲーム突入前までに説明して、全体に流れるバックボーンを構築している。エンディングも、物語の流れを上手く展開してまとめ上げているし、冒頭とエンディングが、ちゃんと繋がっている所も評価したい。

単純に楽しみたいならオススメの映画ですね。
posted by 灯台守 at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2018年05月06日

パシフィック・リム: アップライジング

パシフィック・リム: アップライジング』(Pacific Rim: Uprising)は、2018年公開のSF怪獣映画。2013年公開の映画『パシフィック・リム』の続編であるが、諸処の事情により、ギレルモ・デル・トロは監督から降板し制作支援に回った。スティーヴン・S・デナイトが監督をした。

前回の怪獣襲来撃退後、10年。正体不明のイェーガーが襲来し防衛軍は打撃を被る。このことは、中国の企業が提供する無人イェーガー配備の促進につながったが・・・

前半は、有人のイェーガー対、正体不明のイェーガーの戦闘に終始し、後半はイェーガー対怪獣となる。なかなか楽しめるが、前作の怪獣対イェーガーのアクション程ではなかった点が残念。

面白いが、二番煎じになってしまった感は拭えない。残念。
posted by 灯台守 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

月刊キャッツ 5月・2回目 5/5 1F F20

月刊キャッツ 27回め 残り2回最後の大阪キャッツ観劇・・

中央ど真ん中で見た最後の大阪キャッツ。次の大阪キャッツは10年後かも。
同じ舞台を27回も見るか?と何度言われたか。(そう思われただろうか)
舞台は、ただ一度のものであって、二度と同じ舞台は無いと思う。まったく
同じ視点もないし、同じ観客もないし、さらに言うと同じ演技はない。

キャッツはほとんどストーリーは無い。それぞれの猫の生きざまを
感じ取れるかどうかという点に尽きると思う。

もったいない感じがするけど、中央でフィーチャーされる猫を無視して、周辺の
猫たちダケを見た回もあるし、一匹の猫に焦点を当てて見たこともある。
ふと過去の猫たちがダブルこともあった。

約1年9か月のジェリクル達に感謝したい。

キャッツ 大阪
2018年5月5日(夜)公演  大阪四季劇場

グリザベラ 木村智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀
ジェニエニドッツ 安宅小百合
ランペルティーザ 馬場美根子
ディミータ 円野つくし
ボンバルリーナ 相原 萌
シラバブ 黒柳安奈
タントミール 高倉恵美
ジェミマ 江國冴香
ヴィクトリア 引木 愛
カッサンドラ 藤岡あや
オールドデュトロノミー 橋元聖地
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 正木棟馬
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 大嶺 巧
ミストフェリーズ 松出直也
マンゴジェリー 新庄真一
スキンブルシャンクス カイサータティク
コリコパット 押田 柊
ランパスキャット 河上知輝
カーバケッティ 繻エ 駿
ギルバート 肥田晃哉
マキャヴィティ 中村智志
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2018年05月04日

月刊キャッツ 5月・1回目 5/4 1F P1

月刊キャッツ 26回め 残り2回観劇・・

なんか生活の一部になっていたキャッツもあと二回か。
とにかく感じたい・・・と思った回だった。

キャッツ 大阪
2018年5月4日(昼)公演  大阪四季劇場

グリザベラ 木村智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀
ジェニエニドッツ 安宅小百合
ランペルティーザ 馬場美根子
ディミータ 円野つくし
ボンバルリーナ 相原 萌
シラバブ 黒柳安奈
タントミール 高倉恵美
ジェミマ 江國冴香
ヴィクトリア 引木 愛
カッサンドラ 藤岡あや
オールドデュトロノミー 橋元聖地
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 正木棟馬
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 大嶺 巧
ミストフェリーズ 松出直也
マンゴジェリー 新庄真一
スキンブルシャンクス カイサータティク
コリコパット 押田 柊
ランパスキャット 河上知輝
カーバケッティ 繻エ 駿
ギルバート 肥田晃哉
マキャヴィティ 中村智志
タンブルブルータス 塚下兼吾
posted by 灯台守 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2018年05月02日

レディ・プレイヤー1

『レディ・プレイヤー1』(Ready Player One)
2018年にアメリカ合衆国で公開されたSF映画。はスティーヴン・スピルバーグ監督作品、タイ・シェリダン/オリヴィア・クック主演。原作はアーネスト・クラインのゲームウォーズ

2045年。荒廃した世界の影響で地球上の人口の大半は<オアシス>と呼ばれる仮想現実の世界に入り浸っていた。オアシス創始者であるジェームズ・ハリデーが亡き後流された遺言により、勝者にはオアシスの所有権と5000億ドル(日本円で56兆円)相当のハリデーの遺産が授与されるゲームが開催されていた。
オハイオ州のスラムに住む若者ウェイド・ワッツも勝者となるべく日々奮闘していたが、ゲームにはオアシスの管理権を欲する世界2位の大企業IOI社社長、ノーラン・ソレントが送りこんだ参加者もいた。ウェイドは第一の関門を突破するが彼の現実世界にも危険が及び、レジスタンスのアルテミスやオンライン仲間たちとともにソレントの陰謀に立ち向かっていく。

初めての4DXで鑑賞。いや、もうぴったりの仮想体験といえる。ストーリーも結末も予定調和的ではあるが、とにかくサブカル的なオマージュが盛りだくさんである。XXX対○○〇とか楽しすぎる。仮想社会ネタのお約束である、アバターと現実のギャップを上手く処理している所も評価したい。著作権処理が大変だったんだろうな、あれが入ってないのは交渉決裂したのかとか、想像しても楽しいし何処に何が出てくるかも面白い。

サブの面白さもあるが、メインのストーリーも十分に堪能できる最後のオチは、伏線の回収が見事でホント、あの落とし方は凄いというより嬉しいと思った。
posted by 灯台守 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画